スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

guitar

語り第二弾です。第一弾を英語のタイトルにしたので、語りは英語のタイトルでやることにしました。タイトルですぐわかるから、「あ、これ長そー」って読まないこともできますよ☆ま、今の気分そう決めたんで、いつ気分が変わるかわかんないけど(^^;)

ってわけでギターの話をします。ギターはギターでもフォーク(またはアコースティック)ギターです。言っときますが、ギター、上手く弾けません。でもあの音と、弾いていて弦の焦げる匂いとかが大好きです。一応自分女ですが、そんなこと気にしないで指先が硬くなるまで弾きまくってた時期がありました。
きっかけは中二の秋。合唱の楽譜を作ることになり、あたしは一応合唱委員だったので、編曲なんてできないけど参加してました。編曲チーム(男子三人)の一人、ま○や君がいました。彼は狭いレッスン室でフォークギターを弾いていました(編曲しろよ)。自分、兄がエレキギターをやっていましたが弾いたことがなく、興味津々になります。「弾き語りやってよ」と頼み込み、やってくれたのがゆずの曲でした。ちょうどその時はゆずの『友達の唄』などアルバム『ゆずえん』が流行っていたのにも関わらず、相変わらず好きな歌手しか知らないあたしは、もちろんゆずも名前しか知らなかったのです。しかし、ま○や君の歌声に感動し、ゆずのアルバムを買いまくるわ、親のギターを借りて弾きまくるわ、ネットでコード譜探しまくるわ、すごいはまりよう。ギターは弾けなくてもゆずの歌は歌えるようになったので、音楽室の廊下の横にある非常階段に出て、ま○や君と歌いまくりました(楽譜の編曲しろって)。今でもま○や君とは音楽について語り合
える仲で、彼はあたしの尊敬する友達の一人でもあります。そうそう、カッターで間違って指先をパックリ切っちゃった時も、ばんそうこうがあるとギター弾けないからってそのまま弾いて弦を血だらけにしたこともあります。毎日弾いていたかったんですね。まぁ、とにかくそれがきっかけでギターを弾きまくってたわけですよ。まぁ一年くらいでちょっといろいろあって弾かなくなっちゃったんですけどね。(音楽の授業でクラシックギターは弾いてたけど)
しかし、あたしはまたギターをやります。きっかけは高二の秋。他校の演劇部の一つ上の先輩と仲良くなっていろいろ話してたら、路上ライブに誘われました。よろこんでたら、「じゃぁギター持ってきてね」と。…!???( ̄□ ̄;)あたしもですか!?ってわけで路上ライブ参加を半強制的に決定させられました。夜だし、男の先輩なので、素直に親に言えず、口実を作ってほぼ毎週土曜日路上ライブをやってました。その時、先輩は19の曲を主にやっていて、あたしはゆずだったのでお互い弾けなかったんですが、一人がやってるのを聞いて覚えたり、CDとかコード譜を貸し合ってレパートリーを増やしました。先輩の友達と友達の彼女も一緒にやっていて、たまに四人でやることも。酔っ払いにからまれることもありました。でも酔っ払いの人は、酔いすぎてお金くれたりするんですよ(爆)で、二人で山分けです(笑)見知らぬ人が立ち止まって聞いてくれたり、リクエストをしてくれたり、褒めてくれたり…あの時、本当に楽しくてしかたなかったです。クリス
マスイブにもやりました。冬、寒くて震えながら、指の感覚なくなっても弾いて弾いて歌いまくりました。春になり、先輩は進学、あたしは受験で約半年間で路上ライブを卒業しました。今思ってもあっという間に過ぎた最高に楽しい時間だったなぁと思います。外だからおもいっきり声出して気持ちよく歌えたし。二人でプロ目指してるとかじゃないから、すごくアットホームな感じだったし。なんて充実していたんだろう、と、あの時、あの先輩としかできなかった、そしてあの時のあたしじゃなくちゃできなかった、そう思えるいい青春をしてました。
ギターはあたしの中では音楽での青春です。上手くは弾けないけど、いろいろあったから、本気で楽しむことができました。ピアノや歌じゃここまで楽しめないんです。でも、きっと今はギターもあの頃のように楽しめないでしょう。ですが、今また浪人生となり、ギターを弾けないので、終わったらまたジャカジャカ弾きたいと思います。受験が終わったら、あたしの音楽生活が本番になるんですから。それまでは思い出の曲を聴きながら、口ずさみながら、ささやかに音楽生活を続けようと思います。
スポンサーサイト
21:00 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
心が感じて動いた時-感動- | top | 政経

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://beeva.blog8.fc2.com/tb.php/16-c51b0d3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。